パラカ Paraca

文字サイズ

基本理念

パラカ基本理念
「永遠のあと百年」

~「今年も」あと百年、「来年になっても」あと百年、「何年経っても」あと百年~

パラカは1997年、百年の歴史を持つ大手の証券や銀行など大会社の破たんが相次いだ大不況の真っただ中で創業しました。「存続し続け得る会社でありたい」というのがその時の率直な思いであり、私たちパラカの原点になっています。
この原点は、駐車場という本業のなかの随所に根付いています。駐車場の開発形態として土地を取得する「自社駐車場」にいち早く取り組んだのも、試行錯誤しながら日本で初めて「証券化駐車場」を組成したのも私たちでした。これは、道路と並んでクルマにとって欠かせないインフラである駐車場が、ある日突然無くならないように地域と当社の相互持続性を考えて開発したものです。還元方式も土地オーナーと当社の長期的な共存共栄関係を構築するという発想から生まれたものです。これらの開発形態から「不動の地域一番戦略」につながり、一番となった地域では、その都市機能の持続性と当社の投資リターンの長期安定性が高まるという相互に好循環が生まれると構想しています。軽自動車専用駐車場も事業としての採算性とCO2排出量が普通車の60%という環境配慮の両立から発想したものであり、再生可能エネルギー事業への参入も同様な思いからです。
「持続可能性の向上」という原点と、常にこれでよしとしない「永遠の未完成、これ完成なり(宮沢賢治)」という精神を「永遠のあと百年」という七文字に込めています。