1. HOME
  2. 会社案内
  3. 代表ご挨拶

COMPANY

会社案内

ご挨拶

株主の皆様を始め関係者の方々におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
   当期は創業以来の23期連続増収、純利益では8期連続の増益となりました。
これは、中心市街地の駐車料金の上昇により、既存駐車場の売上が好調であったことと、老朽化した札幌の駐車場ビルを売却した利益によるものです。
   2013年のビジネスレポートにおきまして、日本経済の時代局面が陰から陽へと転換したとの認識を示しました。それ以来、従来にも増して、保有駐車場の取得を積極的に推し進め、その残高は2019年9月末において242億円となっています。
この6年間はいわば陽時代の助走期間であり、今まさに私たちは本格的陽時代の入り口に立っていると考えています。本格的陽時代の原動力は、建設から約60年を経て建て替え時期を迎えた地方都市市街地の大リニューアル投資、同じく耐用年数を迎えた様々なインフラへの投資です。
そして、これらの投資はすべて IT の技術革新を伴ったものとなるでしょう。
   このような大きな流れのなか、保有駐車場については、今後も全国各都市で精力的に追加取得し、運用資産を大きくしていくことで、基盤となる収益をさらに拡大していきたいと存じます。
   それとともに賃借駐車場の開拓も比例的に拡大し、また、クルマだけでなくバイク、バス、自転車の事業ミックスによって収益の向上を図ってまいります。
   加えて、土地を所有しているという、他社にない利点を活かして、デベロッパーと協業するなど、大リニューアル時代を迎えた地方都市の再開発にも深く関与できる企業へとステップアップしたいと考えています。
   ITの技術革新については、駐車場業界においても不可欠です、
一昨年から構想し、昨年よりアプリ開発に着手、現在ほぼその目途が立ってきたところです。これまで当社は、システムのいわば下部構造である ITインフラの構築に注力してきましたが、この開発は、システムの上部構造であるアプリケーションの構築を意味します。
これにより、キャッシュレス決済等、駐車場利用者の利便性向上だけでなく、ビッグデータの活用等により周辺の商業施設との協業など様々な可能性が出てくると期待しています。
   これからも株主様への継続的な利益配分の増大ができるよう、持続的な業績の向上に努めてまいります。
今後ともご支援ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

代表取締役執行役員会長  内藤 亨     

代表取締役執行役員社長  間嶋 正明